観光ガイド

滝上公園芝ざくら

「凄い」「最高」「感激」「感動」このような声が「芝ざくら」を観られた観光客の方々の口元からこぼれてまいります。今や日本の芝ざくらの名所として金国的に知られるようになリました滝上公園には、5月中旬から6月中旬にかけて全国から訪れる人々に深い感動を与え統けています。跳望絶景の滝上公園は、大正8年から9年にかけて、市街地青年団の活動を契機として滝上公園期成会が設立され、その整備がはかられました。
大正11年には、町内で木材業を営む飯田嘉吉氏(故人)から、桜の苗木1千本の寄付を受け、以来道内でも屈指の桜の名所として知られることとなリました。 一方、芝ざくらは、昭和34年に朝倉義衛氏(故人)が町長に就任するや、滝上公園の傾斜地の花園づくリに着眼し、片岡兵治氏(故人)と共にたった一つの小さなミカン箱に詰まった芝ざくらの苗から根分けを繰リ返し、関係者らの献身的な努力もあって毎年増殖を重ね、いまや10万平方メートル(甲子園球場グランドの約7倍)の大群落に成長し、日本一の芝ざくら公園と云われるようになリました。5月上旬から6月上旬にかけて、やや冷たい風に花びらを震わすエゾヤマザクラに始まリ、気温が一気に上がりはじめの頃にやさしい香リをふリまきながら、公園一面をピンクのじゅうだんを敷きつめたような芝ざくらがワイドな広がリを見せてくれます。またチューリップやつつじの花たちも彩りを添える滝上公園はこの時、夢の花園となリます。公園駐車場付近よリはるか南西に目を向けると、雄大な山並みが残雪をかかえ、澄みきった空の青さとのコントラストは絶景の美を私たちに提供してくれます。この公園内には200台収容の駐車場を始め、滝上町の特産品、お土産などを販売しているフロックスハウス、地元食堂などのおいしい食べ物店もあリます。

香りの里ハーブガーデン

芝ざくらに続く花として着目したのが香リの植物(ミント生産日本一)による観光開発で、ハーブガーデンづくりの検討が始まりました。当初、ハーブといってもこれといった深い知識もなく手探り状態でハーブの研究をを進め、5~6年は試行錯誤の連続でした。こうした状況から、町はハーブ専門家の指導、助言を受けて進めることとし、平成4年から本格的工事に着手し現在に至っています。 当初北海道においてもまだほとんどハーブガーデン自体は見ることがなく、大変珍しかったようです。 現在4ヘクタールの敷地内には約200種類のハーブがあり、6月から9月にかけて様々なハーブを楽しむことができます。また、ハーブティーやハーブ料理が楽しめる「フレグランスハウス」でハーブ商品の販売もしています。 特にミントガーデンやローズガーデンは、女性に大変人気があります。

道の駅香りの里たきのうえ

国遺273号線沿いに、北欧調のすてきな建物が見えてきます。それが道の駅で、店内に数多くの特産品を展示販売しており、地場産の原木から作られた木工芸品や芝ざくら香リ製品、ハーブ製品、お菓子類など滝上町で生産されているものばかりです。 2階は、情報コーナーと休憩コーナーになっておリ、地域情報システム「オリコン」も設置しておリ、又、芝ざくら、渓谷のフォトコンテストの入選作品が展示されてます。 ここには24時間開館しているウォシュレット付き水洗トイレがあリ利用者には大変喜ばれています。

滝上渓谷錦仙峡

滝上町の市街地を流れる渚滑川を称して「錦仙峡」と呼んでいます。渚滑川は市街地の中央付近で支流のサクルー川と合流し、川幅が狭くなり急流となり、大小幾多の滝を作っています。この一帯の景観は勇壮で美しく景勝地として親しまれております。美しい日本の歩きたくなる道500選に選ばれたコースはハーブガーデンと錦仙峡を散策する「ハーブと錦仙峡を訪ねるみち」です。渚滑川に沿って遊歩道を探勝する約5.4キロのコースでハーブのやさしい香りと渓谷美をゆっくり散策する、およそ2時間の行程です。

陽殖園

60年以上かけ、たった1人で大地に絵を描くように、木や花を植え、池を掘り道をつくりました。約8平方メートルの敷地には約800種類の季節の花々が春、夏、秋それぞれに咲き誇り訪れる人を楽しませてくれます。園内通路延4.6キロ。

浮島湿原

面積約22万平方メートルで、様々な大きさの沼が点在しそのいくつかには浮島があります。湿原周辺はエゾヒツジグサ、モウセンゴケなどの水生植物、チングルマなどの高山植物の生息が確認されております。長い自然の営みによって作られた美しい湿原や沼、浮島を存分に堪能して下さい。